FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミオロメンライブレポ。 その3(ライブ中 編) 

はいどうも、月光です。

さて、ライブレポその3ですね。

ライブレポその1、ライブレポその2を読んでない方は、それらを読んでからこの記事を見るのをおすすめします。


ライブレポその1

ライブレポその2


では、またまた追記へ。。。

月光に、ランキング応援のクリックよろしくです><

FC2ブログランキング


にほんブログ村 中学生日記ブログへ

さて、会場の明かりも落ちてきて、真っ暗になりました。

そして、前方に、何かオープニング映像みたいなのが流れました。

その映像は、何か地球とかそういう太陽系(?)の惑星が出てきて、人が歩いているところが流れてました。


人は、いつも感情がないように、毎日同じ行動を繰り返している。。。

なんて事を考えました。


するとその映像中に、ついに待ってましたと言わんばかりにレミオロメンが登場!!!

私もおもわず叫びました! 感激です><


ついに、生でレミオロメンを見たー!!

なんて、心の中で叫んでました。

表面上は「イェーイ!!!」でしたけどね。


そして、映像が終わり、皆川さんのキーボードが響きます。


そのまま1曲目、「永遠と一瞬」に突入しました。

最初は、藤巻さんの声だけでしたが、

「ありのままでいることは これほど難しい」

のあとに、メロディー入りました。ドラムの治くんの「タカトッコタッカドン」的なリズムで、幕開けです。

ちなみに、セットリストはこんな感じでした。



M1 永遠と一瞬
M2 五月雨
M3 モラトリアム
M4 1-2 Love Forever
M5 蒼の世界

MC1

M6 傘クラゲ
M7 電話
M8 ビールとプリン

MC2

M9 プログラム
M10 MONSTER
M11 太陽の下

MC3

M12 明日に架かる橋
M13 雨上がり
M14 南風
M15 粉雪
M16 アイランド

En1 3月9日
En2 流星
En3 紙ふぶき
En4 スタンドバイミー



私の聴きたかった曲は、まぁそこそこ入ってました。

アカシアとか、フェスタとか、追いかけっこ、シフト、海のバラッド、春景色。。。 と、聴きたかった曲は色々ありました。

でも、結果的に楽しかったので、結果オーライってことで(笑

1つずつ説明していきます。

まず、1~5曲目ですね。

これは、1曲目に「始まり」というのを強く感じました。

やっとアリーナ始まったよ! という気持ちが、そのまま歌になったような感じでした。

それから五月雨と来て、ついにモラトリアム!

演出こそないものの、激しい幕開けでした。

それからは少しずつなだらかに、MCまでの1つの節が終了。

そして、MC1。

治くんが外れてました。完全に枠外です(何


あの、藤巻さんが「ついにアリーナ始まりました~。」とか言ってるのに、次の瞬間治くんは

「やった、また俺真ん中だ」
とかね。外れ方が普通じゃない。

話とか聴いてない所も、また可愛かったから良いですけど(笑


当然そのあと治は、いじられ始めました。

そしてしまいには、治くんの口から
「アレでしょ? どーせ俺はダメなキャラなんでしょ?」

とか言う始末。やっぱり治くんは他の2人に勝てないんですね。

でも、何か、これからのアリーナツアーに向けての目標を、珍しくまじめに語っていた治くんは、話し終わった後

「自分でも、ダメなキャラなのにこんなまじめなこと言って、大丈夫なのかと思った」

って言ってました。もういじられ癖が付いてるんでしょうかね。

そして、2つめの節。
傘クラゲ、電話、ビールとプリン。この3曲の流れが、本当にレミオロメンらしかった。

何かって言うと、

自分達1人1人は、とてもはかない存在だけど、未来という大きなカベに、どれだけ通用しているのかな。

っていう感じの印象を受けました。

照準は、あくまで未来。未来に対抗しているような感じの節でした。

こんな、正体も無いカベに立ち向かっているレミオロメンは、やっぱりカッコイイと思いました。ファンで良かった! って、本気で思えました。

そして、MC2。

これは、ビールとプリンが終わったあとに、誰かが「治~」って、大声で叫んで始まりました。

そして、レミオのトークです。

治が喋れ みたいなことだったんですけど、話すことも無くて困った治くんは、前田さんに話を振ります。

そしたら、前田さんも前田さんで話すことが無くて、山梨に帰ったときの話をしてました。

何か、山梨に帰ってそばを食べましたってだけの話だったんですが、「何そば~?」って質問が、会場からあったので、前田さんは

十割そば

って答えてました。そのあとまた治くんに話が戻ったんですが、話すこともやっぱり無いみたいで、曲に行きました。

話すこと考えてないと、凄い天然なミスがあったりして、面白いですね。

そして、3つめの節。
プログラム、MONSTER、太陽の下。と流れたんですが、プログラムの時の映像がカッコよくて、凄い印象的です。

何か、独特の雰囲気が出てて、うまく口で言えるような事じゃないですけど、良かったです。

そして、流れるようにMC3。

これは、会場から今度は「治ちゃ~ん」「治く~ん」とか、色々な声がありました。

そこでレミオの第一声、治くんが、

「いきなり「治ちゃ~ん」とか、凄い叫ぶのに勇気いるよね? 緊張するよね?」

とか、そんな感じの事を言いました。

そしたら会場の人が

「(緊張)しないよ」

と、すぐさまツッコミを入れました。

すると治くんは

「あっそう。。。」

と、何か負けたようなコメントをしてました。

そしてその後のMCが凄い印象的なので、会話形式にしてみます。



前田:治って、サバンナか何かにいるインパラで、しかも、最近テレビで見たんだけど、ライオンとかってケガしたインパラしか狙わないんだって、そのケガしたインパラがコイツ(治)なんだよ。

治:でも、そういうインパラも必要だよ?

前田:そうだよそうだよ、いらないなんて言って無いじゃん。

藤巻:でも、そんなケガしたインパラが、まだ食べられてないのは何でなんですかね。

前田:そりゃ、俺らが守ってるからだよ。

(ここで会場が笑いながら拍手。)

前田:でも、我々はそういうインパラを食べて生活してるんですよ

藤巻:我々って・・・

治:でも、そういうピラミッド何とかの下のほうにいる・・・

前田:いやいや、それ食物連鎖だから。何だよピラミッド何とかって。

治:アレ、食物連鎖? 知ってたよ。
でも、俺は言葉より先に図形が浮かんだんだよ、右脳だから。



そんな感じでした。

ピラミッド何とかって言うのは笑いました。間違い方が凄いですよね。

それでその後、


治:俺ってやっぱりこういう話すときって何にも考えて無くって、その場その場で思った事を言ってるだけなんだよね。。。


というと、会場がシラーっと、完全にシラけてました。

そしたら治くんが


治:ほら。

って。こうなるのを分かってたような感じで、面白かったです。

まぁ、それでシラけてしまったムードを、藤巻さんが取り戻すかのように

藤巻:じゃー盛り上がって行こー!!!


といって、そのまま曲に入りました。

早速入ったのは「明日に架かる橋」

これは「Flash and Gleam」にも入って無かったですし、ぜひ聴きたかった曲でした。

それと同時に、これまでは、しばらく跳ねたり、そういうのがない曲ばっかりだったじゃないですか。

ですから、会場のムードは最高潮。

皆跳ねまくってました。この時を待っていたと言わんばかりでした。


そしてそのまま、雨上がり、南風という感じで、ずーっと跳ねっぱなしが続きました。

しかし、南風が終わって、会場のムードが急に落ちます。

そして、何か高い音が、しばらく会場に響きました。


そのあとに入ったのが粉雪。

粉雪の入り方がカッコよかった。

高い音からの粉雪の入りが凄く良くて、さらに藤巻さんの声も切なくて、最高でした。

粉雪が終わったあと、30秒(?)ほど沈黙が続きました。

そして、ついに新曲「アイランド」が始まりました。


これは、最近、もう1日に20回は聴いてる曲なんですが、聴くたびに、「良い曲だなぁ。。。」ってしみじみ思います。

家で、CDで聴いても鳥肌が立ってしまうような曲が、生で、目の前でレミオロメンが歌うのは、怖かったです。

もう、すべての感情を通り越して、怖かった。

これが最後にして最高の曲だと。

この曲の間中、震えました。

「会場が」 ではなく 「私が」ですけど。

曲で、ここまで感情が動くとは思ってなかった。

南風まで跳ねまくってた人が、何か泣いてますよ(私)


そして、アンコールです。

3月9日、流星、紙ふぶき、スタンドバイミー。という流れでしたが、最後のスタンドバイミーは無理に持ってきてる感じですね。他の3曲と曲調が違いすぎます。

3月9日は、コレ聴いて、再来年、私たちの卒業式の時に来て歌ってくれると、ホント嬉しくなるような曲でした。

レミオの3人の出身校じゃないですから、無理なのは分かってますけど。。。

そして、流星。「アンコールは2曲しかないの!?」って思わせてくれた曲です。

しっかり残ってました。曲はまだあります。

でも、これを聴くと、何かと「終わり」を感じます。

紙ふぶき。これは、サマーライブ同様、紙ふぶきの演出があるのかな~ って思ってましたけど、さすがにありませんでした(笑

これも、未来に向かってるような曲で、とても良い曲です。

そして最後。スタンドバイミー!!

最後にこれを持ってくるのは、意外でした。

これまでの3曲からして、絶対に今日は聴けない曲だと思ったときにこれが来ました。

これが生で聴けたのは嬉しかったです。最後に1番楽しむ勢いで、跳ねたり色々してました。

肩とか凄い痛かったんですけどね。そんなのお構いなしです。


そして、スタンドバイミーが終わった後、レミオロメンが退場するんですが、治だけ何故か残って、あいさつしてました。

BGMで、「明日に架かる橋」がインストで流れてたんですが、治くんが、歌詞の「~~OK! ~~OK!」 のOKの部分を言って! みたいなことを言って、その後治くんは、ライブ前にファンの前に現れたときにつけてたピンクの手袋を投げました。

(ライブ前については、 その1 参照)

スティックとか投げてほしかったんですけどね。それはツアーファイナルにでも投げるんですかね。

そして、治くんが最後「じゃーね、バイバーイ!!」って、手を振りながら退場してました。


やっぱカッコ良くて可愛い。カッコ可愛いですね。

これでこそ治 ってところを色々と見れた気がします。

そのあと、流れっぱなしの「明日に架かる橋」の1番のサビだけ、会場のみんなで歌いました。

こうして、私の初ライブは、無事に終了しました。

                 (その4 に続く・・・)





いや、まだ続くんですか。

まだ書くことはあるって言っても、そろそろ限界ですよ?

この記事だって思い出し思い出しで書いているので、5時間かかってるんですからね(ぶは

しかも、日記とかまだ書いてないのに。。。

まぁ、その4が最終みたいです。そこそこの期待をしててください(ぇ

そして最後に。

この記事長過ぎ(死


じゃ、寝ます。今は、朝4時だってorz

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gekkoustyle.blog57.fc2.com/tb.php/310-1eeb67e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。