FC2ブログ

Dream box 

さっきヤフー知恵袋やってて思った。
あそこには夢が詰まってる。それもさまざまの方面において、
「子供が○○ですがどうすればいいでしょうか」から、「野球がやりたいですが○○(地名)の近くにクラブはないでしょうか」「体育祭でリレーのアンカーになりましたが負けられないのでどんなトレーニングをすればよいでしょうか」まで。

どれも質問者の切実な悩みである。
しかしながら、どう踏み出せばいいのか、行くべき道が何処にあるのかわからず模索しているのである。
「こういう状況をああしたい」という明確な理想があるのに、そこにつながる橋がまるで崩れているような感じ。

常に理想は生きる原動力となる。
むしろ理想がない現実を生きるだけの行為がどれほど空虚だろうか。
目的が達せられたときの快感が欲しくて努力し、生きる。
だからこそ俺はわざわざ高校生というナイーブな時期に、それが感性を狭めてしまうことを知りながらも勉強なんかやったりしているのだ。
幸いにもこのまま行けば早慶には確実に受かりそうだしあまり手こずることはないけども。

何かをやめるときは自己行程のために何か理由を創作しがちだけど、結論的に言うと面倒くさいだけ。

失われていく理想に理由をつけないとやっていけないから何とか抽出する。
だけど、そこを直視出来るか出来ないかが、努力出来るか出来ないかの差だと思う。

生きる意味なんか俺にもお前にもマイケルジャクソンにも忌野清志郎にも誰にもないんだ。
誰が消えてもこの世は問題なく回転するし、してる。だからもっと気楽にやればいいんだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gekkoustyle.blog57.fc2.com/tb.php/1439-c2b924cd